不動産担保ローン関連コラム

銀行融資が通らなかった時の対策

事業資金関連コラム

銀行融資が通らなかった時の対策

事業資金調達のために銀行に融資の申込みをしたら、審査に通らなかった、設備投資や買掛金の支払いなど資金繰りをどうやっていいか、悩んでしまいます。銀行融資が通らなかった時の対策ですが、何も事業資金を借りることができるのは銀行だけではないのです。 ノンバンク系の金融機関、例えば個人事業主・法人の方を専門に融資を行っている事業者金融や大手・中小の消費者金融でも事業主向けに融資を行っている商品を取り扱っているのです。銀行と違い、ノンバンク系のビジネスローンの特徴ですが、不動産を担保とする有担保商品もありますが無担保での融資商品も取り扱っています。必要書類も銀行で申込みをするよりも少なく、個人事業主であれば、本人確認書類、確定申告書、事業内容を確認できるもの、法人であれば代表者の本人確認書類、決算書、その他指定された書類になります。 審査が甘いというわけではないのですが、銀行で断られた事業者様でも融資を検討してもらうことができます。金利に関しては銀行融資と比較すると高めに設定されているのですが、不動産の有担保商品に申込みをすれば低い金利に抑えることができます。また、銀行と比較した特徴として赤字決算であっても申込みが可能であることです。銀行に決算書を提出し、赤字決算が続いていれば審査落ちしてしまう材料となってしまいます。 しかし、ノンバンク系でビジネスローンを取り扱う金融機関の中には、決算内容だけで判断をせず、営業担当者の目で実際に返済能力があるかどうかを判断するので、柔軟に対応してもらうことができます。そして、カードローンタイプの商品も取り扱っています。 事業資金は一度借りたら後は返済していくだけというイメージがありますが、カードローンタイプのビジネスローンであればATMにて必要な時に必要なだけ利用することができます。完済したら契約終了ではなく、必要になったときに再度借入れができるので使い勝手がよいです。

関連記事

不動産をお持ちの方はこちら▼

不動産担保ローンサービス

不動産収入がある方はこちら▼

収益物件担保ローンサービス

不動産をお持ちでない方へ

当社は不動産をお持ちの方を対象としご融資を行っております。但し、担保提供者がいらっしゃればご融資が可能となります。※その際は担保提供者の方には連帯保証人になって頂く前提となりますので予めご了承ください。ご不明な点やご質問、ご相談はお電話にてご連絡くださいませ。