不動産担保ローン関連コラム

資金調達の様々な手法

事業資金関連コラム

資金調達の様々な手法

資金調達には様々な手法があります。大まかに分けると融資と出資ということになるでしょう。融資と出資とは資金調達の二本柱です。融資というのは単純にお金を借りることです。金融機関からお金を借りることと思ってもらえば良いでしょう。金額が少なければ無担保や無保証人での融資もありますが、一般に不動産投資には大きなお金がかかりますからそれでは足りないことがほとんどであり、実際には何らかの担保や保証人を立てた上でお金を借りることが多くなります。 なお、一定の条件をクリアしていることが必要になるケースがほとんどですが、公的融資制度もあります。公的融資を受けることができれば、低い金利とか高い利用限度額などのメリットを享受できることが期待できますので、一般の金融機関を当たるよりも前にまずこのような公的融資制度がないか、自分は条件を満たせそうかなどを検討してみるのも良いでしょう。 当然ながら融資はお金を借りるものですので、借りたお金は利息をつけて返していかなければなりません。返済計画をきちんと立てることが重要になります。 これに対して出資とは、自分の不動産経営に賛同してくれる人からお金を出してもらうことです。考え方が異なる場合もありますが、原則論から言えば、出資に関してはお金を借りているわけではありませんので、特別な取り決めでもない限りは返済の義務はありません。 ですが、出資者側も、何のメリットもないのにお金を出してくれるはずがありません。融資とはまた別の意味でのメリットを与えないことには誰もお金など出してはくれないでしょう。そのメリットとは、得られた利益の配分というのが最も大きなものです。融資の場合の利息というのは予め両者で取り決めたとおりのものでしかありませんが、得られた利益の配分であれば、利益が大きくなればなるほど自分の取り分も大きくなることが期待できます。これを魅力の一つとしてアピールするわけです。

関連記事

不動産をお持ちの方はこちら▼

不動産担保ローンサービス

不動産収入がある方はこちら▼

収益物件担保ローンサービス

不動産をお持ちでない方へ

当社は不動産をお持ちの方を対象としご融資を行っております。但し、担保提供者がいらっしゃればご融資が可能となります。※その際は担保提供者の方には連帯保証人になって頂く前提となりますので予めご了承ください。ご不明な点やご質問、ご相談はお電話にてご連絡くださいませ。