不動産担保ローン関連コラム

資金ショートの原因と対策

事業資金関連コラム

資金ショートの原因と対策

事業を展開するうえで資金ショートに備えておくことは重要です。資金繰りを行うにあたり、どのような原因で起こるのかを知っておくと回避しやすくなります。資金ショートとは、基本的に出費の金額が入金額を超えて資金が足りなくなった状態です。そして、そのような事態を招く原因は、売り上げの不振やコストの増加などです。 また売り上げがあっても、取引先からの振り込みが遅れた場合なども起こる可能性があります。取引先に資金的な余裕がなくて、売掛金を回収できないケースも同様です。これらは資金ショートの原因であることは確かですが、その根本にあるのは資金繰りに対する見通しの欠如といえます。したがって、事業計画をしっかり見直すことが対策の基本です。概算ではなく、シミュレーションによって具体的な資金の流れを明確にしましょう。また、貸し倒れのリスクや経費の無駄遣いについてもチェックが必要です。 資金ショートになると健全な事業展開を行うのは難しくなります。危機感を持たずにうかつに振る舞っていると倒産しかねません。焦ってやみくもに支払いをするのは賢い方法ではないです。支払い先が多くある場合は優先度の見極めが大切なポイントになります。特に信用を失うわけにはいかない取引先には注意しなければなりません。不渡りを出すと金融機関に不信感を与えてしまいますし、給料が滞ると従業員が離れていきます。しかし、いくら優先度に気を使っても、入金が増えなければ意味がありません。そのためローンの活用も視野に入れると良いでしょう。 たとえば、不動産担保ローンで資金調達することで乗り切る方法もあります。このローンで担保にするのは、所有している建築物や土地などです。低い金利で大金を借りられるので、不動産を持っている人には有効な手段です。ただし、返済が間に合わない場合は、不動産を取り押さえられてしまうリスクがあります。そうなると事業を盛り返せる可能性は非常に低くなるので要注意です。

関連記事

不動産をお持ちの方はこちら▼

不動産担保ローンサービス

不動産収入がある方はこちら▼

収益物件担保ローンサービス

不動産をお持ちでない方へ

当社は不動産をお持ちの方を対象としご融資を行っております。但し、担保提供者がいらっしゃればご融資が可能となります。※その際は担保提供者の方には連帯保証人になって頂く前提となりますので予めご了承ください。ご不明な点やご質問、ご相談はお電話にてご連絡くださいませ。