不動産担保ローン関連コラム

開業資金の目安と調達方法

事業資金関連コラム

開業資金の目安と調達方法

起業を考える際に重要なのは資金計画です。経営が順調かどうかの目安は、収支バランスが最適な状態か否かで決まります。ですから起業する業種の市場調査や将来性、地域性などを分析し、コストに応じた開業資金の準備および調達方法を考えましょう。事業目的によって設備費が異なりますし、場所についても現在の住宅を使用するのか賃貸なのか、新規購入するのかによって準備すべき金額に差が出ます。加えて経営が軌道に乗るまでの支出超過も覚悟する必要があるでしょう。 というのも開業までに同業に従事したなど経験を活かして独立するならばまだしも、新たな分野に挑戦する場合ある程度の紆余曲折は覚悟したほうが良いからです。また従業員を雇用するならば給与も考慮しなければなりません。これらを総合勘案しながら、開業資金の必要費用を見積もりましょう。 その資金調達の方法ですが、最も安心で安全な方法が自身の預貯金を利用することでしょう。経営が計画通りに進まなくても返済の心配はいりません。ただし取り崩し過ぎると生活に支障をきたし結局お金を借りる羽目になるので注意しましょう。預金を利用する他に開業資金の調達方法としては、やはり金融機関等から融資を受けることが挙げられます。融資する機関によってメリットやデメリットがあるので事前に把握した上で申請しましょう。 国や地方自治体による公的融資は、保証人や担保が不要なものもあり貸付要件が民間に比べて緩やかな点はメリットですが、融資の決定までに時間が掛かるので即時に開業資金に充てられないデメリットがあります。一方銀行など金融機関では審査基準が厳格だったり、金利がやや高いなどマイナス面はあるものの、開業後に経営のアドバイスなどサポートを受けられる場合もあるので総合的に考えるとどちらが良いかは一概に言えません。少額の借入で良いからと金融機関のカードローンを選ぶ人がいますが、開業資金目的で当該サービスを利用するように設計されておらず、金利も割高ですから一時的にしろ賢い方法とはいえません。

関連記事

不動産をお持ちの方はこちら▼

不動産担保ローンサービス

不動産収入がある方はこちら▼

収益物件担保ローンサービス

不動産をお持ちでない方へ

当社は不動産をお持ちの方を対象としご融資を行っております。但し、担保提供者がいらっしゃればご融資が可能となります。※その際は担保提供者の方には連帯保証人になって頂く前提となりますので予めご了承ください。ご不明な点やご質問、ご相談はお電話にてご連絡くださいませ。