不動産担保ローン融資事例

事例1 債務超過・赤字決算

相談:事業者のお客様。商品開発をしての販売の為、どうしても当初は開発費用がかかり、赤字決算が続いていた。商品は開発できたが、今後販売、利益を拡大していく為にはどうしても資金調達をして人員確保がマスト。しかし金融機関からは決算上の数字から融資は断られてしまった。

解決:不動産担保力を重視する当社の担保ローンにてご融資。当社ご融資金をもとに売上は上昇。

事例2 小口借換え

相談:消費者金融で多数の借入れがあり、高金利の為月々の支払いが困難に。相手側からは一括返済の催促が来ており、差押えの可能性も。

解決:不動産担保ローンにてまとめて一本化。月々の支払は利息のみの契約として負担を抑え、1年間の期間中に売却し全額返済。無事手元にも資金を残し新生活へ。

事例3 即日審査・早期融資

相談:銀行に借入れを申し込んでいたが、契約の直前となって融資が延期となってしまった。この為急ぎでつなぎ資金の調達が必要に。

解決:当日お昼に申し込みをいただき、即日審査。翌日にはご希望の1,000万円をご融資実行。

事例4 事業者向け

相談:業者様。運転資金として500万円希望。将来的にも急ぎの仕入れ資金が必要になるケースも多く、1,000万円程の融資枠を作れるとありがたい。また借入れ自体は半年~1年程で返済できるので、今後は融資枠の中で繰り返し利用したい。

解決:不動産担保力・法人決算書等、審査に問題無かった為、1,000万円ご融資できる根抵当権を設定し、当初申込金額の500万円をご融資。将来的な急ぎ資金にも対応するため、問題が無ければ最短当日中にご融資可能な体制でフォロー。

事例5 リバースモーゲージの返済

相談:同居していた父親が生前リバースモーゲージを利用していたが、他界したことにより、一括返済を求められた。大切な自宅なので、売り急がず納得のいく金額で売却したい。

解決:リバースモーゲージの性質上、借入金は市場価格の半分ほどであり、評価上問題無く融資は可能。期間中は利息払い契約、元金は売却時に一括返済という形で融資実行。半年後、無事売却が叶い、当社完済。余剰金で中古マンションをご購入された。

不動産をお持ちの方はこちら▼

不動産担保ローンサービス

不動産収入がある方はこちら▼

収益物件担保ローンサービス

不動産をお持ちでない方へ

当社は不動産をお持ちの方を対象としご融資を行っております。但し、担保提供者がいらっしゃればご融資が可能となります。※その際は担保提供者の方には連帯保証人になって頂く前提となりますので予めご了承ください。ご不明な点やご質問、ご相談はお電話にてご連絡くださいませ。