不動産担保ローン関連コラム

不動産担保ローン相談の事前準備は何が必要?即日融資は難しい?

初めて不動産担保ローンを組もうとされている方にとって、ご自身がお持ちになっている不動産を担保対象にすることによってどのくらいの借入が可能なのか、または借入出来た場合の返済期間や利率はどのくらいであるのかなど、疑問点はつきものです。ここでは、不動産担保ローンを考えている方に向けて、不動産担保ローン相談をスムーズに進めて頂けるために必要な事前準備に関してご説明します。

不動産担保ローン相談の事前準備

不動産担保ローンの事前準備① 担保対象不動産の把握

不動産担保ローンを利用しようと考えている方の、資金調達目的は様々です。個人の物品購入資金、法人の事業資金調達、お子様の教育資金、または他ローンからの借り換えなど、不動産担保ローンの利用目的はお客様により様々です。そのどんな利用目的を考えられているお客様も、不動産担保ローン相談をされる前にしておくべきであるのが、この担保対象にしようとしている不動産の状況の把握です。担保対象不動産の所在地域や坪数、ローン残高など、不動産内容によって、不動産担保ローン利用の可否が決定する要素となるからです。不動産担保ローンの相談に用意しておくべき書類を以下に記載します。必要とされる書類は、基本的には法務局や市町村で入手することが出来ます。

<事前準備が望ましい書類>

不動産の登記簿謄本(法務局で入手可能)

担保対象不動産の所在地などの情報を得るために、法務局で不動産の登記簿謄本を入手できます。所有権や、所有権以外の抵当権に関する情報も登記簿謄本で得ることができます。

*地積測量図(法務局で入手可能)

土地面積の情報を得られる書類です。正確な土地面積を割り出し、不動産価格を正確に付けるために、地積測量図は必要な書類となります。

*土地図面・建物図面(法務局で入手可能)
土地・建物の正確な境界・区画を知るための書類です。土地に対する建物の所在を正確に知ることができます。
*固定資産税評価証明書(お住まいの市町村で入手可能)

不動産売却時の価格参考にも利用されることのある固定資産税評価証明書は、担保対象不動産における固定資産税を知ることが出来ます。

不動産担保ローンの事前準備② 各種納入税金の把握

各種税金(所得税、固定資産税など)の納入状況の把握はしておいた方が良いでしょう。未納税金の存在が発覚した場合、不動産担保ローンの利用が難しくなってしまう場合があります。各種税金は、納税証明書を申請することにより確認できますが、各種税金によって証明書交付申請先が異なりますので、どの税金の納税証明書がどこで入手可能かを調べた上で申請が必要になります。

不動産担保ローンの事前準備③ その他借入ローンの確認

不動産担保ローンを利用するために、その他、金融機関などにおいて借入ローンがある場合は、借入残高証明書等が必要になります。その他借入ローンがある場合は、該当するローンの概要、ローン残高を見て、新たに不動産担保ローンの利用の可否の決定に必要な場合があります。

このように、不動産担保ローン相談の前に用意・確認しておくと良い書類は沢山あります。また、不動産担保ローン申請の際には、別に用意して頂く書類もありますので、不動産担保ローンを組もうとされている方は、再度確認をして頂くことが必要になります。

借り換え目的の不動産担保ローンの事前準備

借り換え目的でも事前準備をしておきましょう

特に事業運転資金などに利用されることが多い不動産担保ローンですが、他カードローンや自動車ローンからの借り換え、または高金利の不動産担保ローンから低金利の不動産担保ローンへの借り換えなど、借り換え目的に不動産担保ローンを考慮する方もいらっしゃいます。借り換えをする場合においても、納税状況や借り換え対象のローンの詳細は事前に控えておくと、ローン相談をする際にも非常にスムーズに段階を踏むことができます。ローン審査にも多くの書類が必要になる場合が多いので、不動産担保ローン相談を考えた際には、早めに事前準備として書類を確認しておきましょう。

即日融資は難しい不動産担保ローン

不動産担保ローンで即日融資は期待できない

不動産担保ローンを考える方の中には、急に事業資金が必要になる、など急遽まとまった融資が必要となる方もいます。その場合、なるべく早く融資を希望されると思われますが、無担保のカードローンなどとは性質が異なり、担保対象不動産の評価が入用になるため、不動産評価に最短でも数日間の融資の可否判断をする期間が必要になります。不動産担保ローンは、事前準備も多くの書類を要しますが、申し込み後も、審査に時間がかかることは留意して頂きたい事項です。

最後に

今回ご紹介したように、不動産担保ローンの申請には、多くの事前準備や書類が必要となり、また、審査にも時間がかかります。その点に留意して、ローンを考えた際には、早めの事前準備をして、スムーズに融資を受けられるようしましょう。


不動産担保ローンについてもっと知りたい方はこちらのページをご覧ください
https://kshc.jp/realestate-securedloan/

関連記事

不動産をお持ちの方はこちら▼

不動産担保ローンサービス

不動産収入がある方はこちら▼

収益物件担保ローンサービス

不動産をお持ちでない方へ

当社は不動産をお持ちの方を対象としご融資を行っております。但し、担保提供者がいらっしゃればご融資が可能となります。※その際は担保提供者の方には連帯保証人になって頂く前提となりますので予めご了承ください。ご不明な点やご質問、ご相談はお電話にてご連絡くださいませ。