不動産担保ローン関連コラム

ハウスリースバックのしくみとハウスリースバックのトラブルの事例

ハウスリースバックという言葉を聞いたことがありますか。ハウスリースバックとは、不動産を売却したあとも売却した家に住み続けることができるしくみのことをいいますが、内容を理解せずに契約してしまうとトラブルに発展してしまうことがあります。そこで、ハウスリースバックのしくみと、実際にあったトラブルの事例についてご紹介します。

ハウスリースバックのしくみとは

ハウスリースバックとは、現在住んでいる家を売却し、売却したあとに買主と賃貸契約を結び、賃料を支払うことで売却した家に住み続けることができるシステムのことをいいます。

ハウスリースバックのメリットは、家を売却することでまとまった資金を得ることができ、自宅を賃貸物件として借りることで引っ越しをせずにそのまま自宅に住み続けることができることです。そのため、家を売却したことを周りに知られてしまうこともありません。

ハウスリースバックのデメリット

今まで住んでいた家を売却し、まとまった資金を得ることができた上でそのまま自宅に住み続けることができるので、住み慣れた家を離れたくない人にとっては便利なシステムですが、ハウスリースバックはメリットばかりではありません。

ハウスリースバックを検討する場合は、デメリットも十分に理解しておかなければトラブルに巻き込まれてしまう可能性や、家を売却したあとで後悔してしまうことがあります。

売却価格が周辺の不動産よりも安くなる可能性が高い

一般的にハウスリースバックを利用して家を売却する場合、周辺の不動産価格より売却価格が安くなってしまうことが多いです。売却後に後悔することがないように、事前に周辺の不動産価格の調査を行い、売却価格に納得した上で売却するようにしましょう。

売却後の賃料が周辺の同じような賃貸物件よりも高く設定されることが多い

自宅を売却したあとは、不動産会社などの買主と賃貸契約を締結し、賃貸料を支払って今まで住んでいた家に住むことになります。売却後の賃貸料は、周辺の同じような賃貸物件よりも高く設定されることが多いので、事前に周辺の賃貸物件の賃料を確認しておくことをおすすめします。

買戻しをする場合は売却価格よりも買取価格の方が高くなることが多い

ハウスリースバックは、通常の売却とは違い、買戻しが可能です。今は経済的な負担が大きくまとまった資金は欲しいが、自宅は手放したくなく、将来的には買い戻したいという気持ちがある人の場合はハウスリースバックの利用は有効な手段といえます。しかし、買戻しをする場合は売却価格よりも買取価格の方が高くなることが多いので注意が必要です。

ハウスリースバックのトラブル事例

周辺の人に家を売却したことがばれずにまとまった資金を調達でき、売却後もそのまま住み続けることができるハウスリースバックですが、契約内容をしっかり理解した上で利用しないとトラブルになってしまうことがあります。実際に起きたハウスリースバックによるトラブルの事例をご紹介します。

予定通りに買戻しができない

経済的に厳しいのは一時的なことだから、お金を貯めて家を買い戻す予定でハウスリースバック契約をしたAさん。賃貸料を支払いながら、自宅を買い戻すために貯蓄しようとしていましたが、思ったよりも賃貸料の負担が大きく、思ったように貯蓄ができません。Aさんは、現在も賃貸料を支払いながら住み続けることを余儀なくされています。

Aさんのように、すぐに買い戻せると思ってハウスリースバック契約をしたはずなのに、想像以上に家賃負担が大きく予定通りに買戻しができなくなってしまう人がいます。

家賃の負担が大きくなってしまった

自宅を売却してまとまった資金が欲しいが、愛着のある自宅で暮らし続けたいという希望があったBさんは、ハウスリースバックを契約しました。まとまった資金を得ることができ、その後も自宅に住み続けられることで安心していたBさんでしたが、徐々に家賃負担が大きくなってしまい、家賃を払い続けることが困難になってしまいました。周辺の同じような賃貸物件の賃貸料の方が安かったため、普通に家を売却すればよかったと後悔しています。

Bさんのように、自宅にそのまま住み続けられることに魅力を感じていても、家賃負担が大きくなり、しかも周辺の賃貸物件の家賃の方が安いことがわかると、普通に家を売却すればよかったと後悔する人も少なくありません。

ハウスリースバックが向いている人とは

ハウスリースバックが向いている人とは、借金はしたくないがまとまった資金が必要で、そのまま家に住み続けたいという願望が強い人です。ただし、売却価格が通常よりも安くなってしまう可能性が高いこと、周辺の賃貸物件よりも賃貸料が高くなってしまうリスクを十分に理解した上で利用することが必要です。

ハウスリースバックではなく不動産担保ローンを

自宅に住み続けながら融資を受ける方法は、ハウスリースバックだけではありません。自宅を担保にする不動産担保ローンを利用することで、評価額に応じた融資を受けることができます。不動産担保ローンの場合は、賃貸料ではなく借り入れたお金を返済する必要がありますが、返済期間が長く設定されているので無理のない返済計画を立てることが可能です。

自宅に住み続けながら融資を受けたい場合は、不動産担保ローンの利用を検討してみましょう。

まとめ

ハウスリースバックは、自宅に住み続けながら家を売却することができるシステムです。家を手放してもそのまま家に住み続けたい人やいずれ買戻しを考えている人にとっては有効ですが、デメリットも理解した上で利用することが大切です。

まとまった融資を受ける方法には、不動産担保ローンを利用するという方法があります。借金はしたくないと思う人もいるかもしれませんが、返済期間が長いので無理のない返済計画を立てることが可能です。所有している家を元にまとまった資金がほしいと考えている人は、不動産担保ローンの利用も検討してみましょう。

不動産担保ローンの詳しい内容を知りたい場合は、協和信用保証株式会社までお問合せください。

不動産担保ローンの紹介

関連記事

不動産をお持ちの方はこちら▼

不動産担保ローンサービス

不動産収入がある方はこちら▼

収益物件担保ローンサービス

不動産をお持ちでない方へ

当社は不動産をお持ちの方を対象としご融資を行っております。但し、担保提供者がいらっしゃればご融資が可能となります。※その際は担保提供者の方には連帯保証人になって頂く前提となりますので予めご了承ください。ご不明な点やご質問、ご相談はお電話にてご連絡くださいませ。