不動産担保ローン関連コラム

不動産担保ローンを契約するときに注意すべきこと

開業資金や事業資金を調達するために、不動産担保ローンの利用を検討している人もいるのではないでしょうか。そこで、不動産担保ローンとはどのようなものなのか、不動産を担保に融資を受ける際はどのような契約書を交わすのかご紹介します。

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは、自分名義または家族名義(家族名義の不動産の場合は所有者の承諾が必要)の不動産を担保に融資を受ける商品のことを言います。
不動産担保ローンの特徴は、不動産を担保にすることで金額の大きな融資を受けることが可能で、カードローンなどと比較すると金利が安く、返済期間も長期に設定できることです。
また、カードローンの場合は使用使途の限定のない商品は金利が高めに設定されていることが多いのですが、不動産担保ローンの場合はカードローンよりも金利が低くても基本的に使用使途が限定されていない点も大きな特徴です。

これは、カードローンは個人の信用が審査基準になっているのに対して、不動産担保ローンは個人の信用に加えて、不動産の担保評価も審査対象になっているためです。そのため、不動産担保ローンを契約する場合は個人の信用情報を判断する書類だけではなく、担保となる不動産に関する書類が必要になります。

不動産担保ローンの申し込みに必要な書類とは

不動産担保ローンの申し込みに必要な書類の種類は主に以下の5つです。

1.本人確認ができる書類
2.収入状況が確認できる書類
3.担保にする不動産に関する書類
4.担保にする不動産のローン残高が確認できる書類
5.税金の未納がないことを確認できる書類

担保にする不動産に関する書類には、普段扱うことがない書類が多くあります。
たとえば、「登記簿謄本」「土地図面(公図)や建物図面」「地積測量図」などです。
申請を行えば個人でも入手することができる書類ですが、申請先や申請の方法などをあらかじめ確認してから書類を集める必要がありますので、不動産担保ローンの契約をする場合は多くの書類が必要になることをあらかじめ覚えておくと良いでしょう。

不動産担保ローンの契約書を交わすときに注意すべき点

不動産担保ローンに限らず、何かの契約を交わす場合、契約書には見慣れない内容や言葉がぎっしり書かれているので、内容をほとんど確認せずにサインをしてしまう人も多いのではないでしょうか。
しかし不動産担保ローンはカードローンの契約とは違い、所有している不動産を担保に融資が実行される商品です。滞りなく返済ができる場合はあまり大きな問題になることはありませんが、万が一返済ができなくなってしまった場合は債権者(不動産担保ローン会社)が有利になる内容が契約書に書かれていることがありますので、契約書の内容は必ず確認しておくことが大切です。

不動産担保ローンの契約書の主な内容

不動産担保ローンの契約書の内容は、契約する銀行やローン会社などによって異なりますが、主に以下のような内容を確認する項目があります。

  • 金利に関する内容
  • 返済の遅延による遅延損害金に関する内容
  • 返済方法に関する内容
  • 返済が不能になってしまった場合の対応に関する内容
  • 連帯保証人に関する内容
  • 反社会勢力の排除に関する内容(マネーロンダリング防止のため)


契約書の内容で確認の必要がない項目は1つもありませんが、特に注意しなければならない項目が返済不能になってしまった場合の対応に関する項目です。

たとえば、債務者(お金を借りた人)が債権者(お金を貸した人)に対して返済不能になってしまった場合、債権者は担保になっている不動産を売却し、その売却益で残債の回収を行います。その際、仮に貸付金よりも売却益の方が上回っていた場合は、その差額は債権者のものになります。なぜなら、返済が完了していないため不動産の所有権が債務者ではなく債権者のものになっているためです。不動産を担保に融資を受けるということは、返済が完了するまでは担保となる不動産は債務者のものではない状態になっているということです。返済不能になってしまったときに、契約書の内容が債権者の有利になる内容になっていることがあるので注意が必要です。

不動産担保ローンを安全に契約するために

不動産担保ローンの契約で大切なことは、担保となる不動産を正しく評価してくれる会社を選ぶことと、返済が滞ることがないように無理のない返済計画を立てておくことです。不動産担保ローンで債務者が不利になるケースのほとんどは、返済ができなくなってしまったときです。契約書の内容を把握しておくことはもちろん大切ですが、不動産担保ローンを契約する場合は、ローンの知識だけではなく不動産に関する知識を持っている会社を利用することをおすすめします。

不動産担保ローンは協和信用保証株式会社へ

協和信用保証株式会社は、不動産担保ローンに特化した事業を行っています。協和信用保証株式会社では、さまざまな不安を抱えたお客様に対して多数の不動産担保ローンの融資実績があります。開業資金や事業資金を作るために不動産担保ローンを検討している方、他の会社で相談したが思ったより評価額が少なかった方、銀行で融資を断られてしまった方は、ぜひお気軽に協和信用保証株式会社にご相談ください。

不動産担保ローンの紹介

関連記事

不動産をお持ちの方はこちら▼

不動産担保ローンサービス

不動産収入がある方はこちら▼

収益物件担保ローンサービス

不動産をお持ちでない方へ

当社は不動産をお持ちの方を対象としご融資を行っております。但し、担保提供者がいらっしゃればご融資が可能となります。※その際は担保提供者の方には連帯保証人になって頂く前提となりますので予めご了承ください。ご不明な点やご質問、ご相談はお電話にてご連絡くださいませ。