不動産担保ローン関連コラム

貸金業者とは

不動産担保ローン関連用語集

貸金業者とは

貸金業者とは、生業としてお金を貸す業務を行っている者を指します。同じお金を貸す業務を行うものには銀行などがありますが、銀行はお金を預かる預貯金業務も行うのに対して貸金業者はお金を貸すことが専門です。このため銀行が免許制であるのに対して、貸金業者は営業するエリアに応じて、財務局または都道府県に登録を行い法律で定められた要件さえ満たせば営業することができます。現在は貸金業規制法によって規制強化されたため気軽に開業することは難しくなっていますが、それでも銀行よりも開業がしやすい業種です。 身近な貸金業者としては、消費者金融やクレジットカード会社などが知られます。ただし消費者金融は個人にお金を貸し付けることが専門の業者で、事業者向けに貸し付ける場合には商工ローンとも呼ばれます。クレジットカードは本来は商品の分割払いを行うもので貸金業者ではありませんが、現金を貸し付けるキャッシングサービスも提供しているため貸金業登録をしています。 貸金業者は地方銀行並みの規模をもつ大手のほかにも中小の業者もあり、その特徴はまちまちです。特に大手の場合には銀行のカードローンと変わらないサービスを提供しておりいつでも気軽にお金を借りることができます。金利は高めに設定されているところが殆どですが、審査基準が厳しいところでは銀行より低く設定されているところもあるなど、利用するさいには、それぞれの業者の特徴を理解しておくことが大切です。一方で貸金業者は貸金業規制法を受けているため個人が大きなお金を借りるさいには制約があります。貸金業規制法では総量規制と呼ばれる貸付限度が法律で定められており、個人が自由な目的でお金を借りる場合には年収の3分の1以内に制約されます。この制約から収入がなければ貸し付けることが禁止されており、さらに1社あたり50万円以上を借りる場合や他社と合わせて100万円を超える場合には所得証明書の提出が義務付けられています。

関連記事

不動産をお持ちの方はこちら▼

不動産担保ローンサービス

不動産収入がある方はこちら▼

収益物件担保ローンサービス

不動産をお持ちでない方へ

当社は不動産をお持ちの方を対象としご融資を行っております。但し、担保提供者がいらっしゃればご融資が可能となります。※その際は担保提供者の方には連帯保証人になって頂く前提となりますので予めご了承ください。ご不明な点やご質問、ご相談はお電話にてご連絡くださいませ。