不動産担保ローン関連コラム

無登記ローンとは

不動産担保ローン関連用語集

無登記ローンとは

無登記ローンとは不動産を担保とするローンですが通常では必要になる担保権の設定が必要なく、無担保状態でありながら融資が実行できる不動産担保ローン登記設定留保という種類の金融商品です。不動産ローンとなっていますが担保設定を行わないため、メリットは不動産物件の担保は移転しないので、支払い不能になっても抵当権が変更しないという点です。つまり返済不能になっても居住環境は守れるので、そこから返済計画を立てて地道に返済していくということが可能になってくるので、そのために実態が無担保信用貸し付けと何ら変わりが無く債務者からすると融資を受けるハードルが低いというのがあります。 借入の条件は担保権の設定はしませんが所有している不動産の周辺環境からの資産価値を算定し、他に現在の収入や税金の滞納、他の金融機関からの借り入れの状況などを判断して融資をするかどうかが決定されます。シチュエーションは融資された金額の金利だけ支払って元金については自由返済とする方式や、支払い利息を含めた元利均等返済などがあります。融資された金額にもよりますが、債務者の現状の支払い能力を加味した融資額と支払い方法を選択できるので、特に状況に変化がなければ十分に返済可能なシチュエーションになっているのは間違いありません。 このように無登記ローンにはメリットがあるのですが、やはりその実態が無担保信用貸し付けと何ら変わらないために法律の改正で現在でも無登記ローンを実施している貸金業者は存在していません。そこには返済できなくなったら担保設定している不動産の抵当権を移転して補填するという従来の不動産担保ローンとその性質が異なっているため、返済不能になってしまう事例が増加したためだと言えます。 人間が生きて行くためにはお金は必要ですし、事業を行っていたら運転資金がないと事業は継続できないでしょう。自分の収入で賄えない部分を他からの借り入れで回すというのも一つの手段ですが、そこには確実な返済計画があって行わなければいけません。

関連記事

不動産をお持ちの方はこちら▼

不動産担保ローンサービス

不動産収入がある方はこちら▼

収益物件担保ローンサービス

不動産をお持ちでない方へ

当社は不動産をお持ちの方を対象としご融資を行っております。但し、担保提供者がいらっしゃればご融資が可能となります。※その際は担保提供者の方には連帯保証人になって頂く前提となりますので予めご了承ください。ご不明な点やご質問、ご相談はお電話にてご連絡くださいませ。