不動産担保ローン関連コラム

ノンバンクとは

不動産担保ローン関連用語集

ノンバンクとは

ノンバンクとはその文字の通り、銀行以外の金融機関のことを指します。銀行以外の金融機関には消費者金融、信販会社、リース会社などがあります。これらの会社では預金の受け付けは行っておらず、貸付などの金融サービスの提供のみを行っています。保証業務を行っている会社もあり、銀行系カードローンの保証会社になっているようなところもあります。 お金を借りるときに銀行かノンバンクかどちらで契約をしたら良いかは、借り入れを希望する人のシチュエーションによって異なります。銀行系カードローンの場合は金利が低いのが特徴ですが、契約するまでのハードルが高く、信用力がないと借入ができないものも多くあります。一方ノンバンクのカードローンでは金利が高いのがデメリットですが、融資実施までのスピードが速く、審査難易度が低いのが特徴です。長期間借り入れをするのであれば銀行系、短期であればノンバンクを選ぶと良いでしょう。金融機関によっては新規契約で一定期間無利息で貸し付けを行うキャンペーンを用意している会社もあります。期間内に返済をすることができれば負担ゼロで借り入れができるので、上手に利用すると良いでしょう。 ノンバンクの貸付は貸金業法によって規制されています。貸金業法には年収の3分の1以上の貸付を禁止する総量規制があるため、まとまった金額での融資が難しくなることがあります。他社に借り入れがある人は、他社での利用残高も規制対象となるため、1社あたりから借りることができる金額が小さくなります。契約額が小さくなると金利も高くなる傾向にあるので、なるべく1つの会社から借りるようにしましょう。すでに契約しているカードローンがある場合は、別の会社への新規申し込みではなく、限度額の増額を狙ってみるのも良いです。一定期間利用を続けていると信用もついてきますので、増額に成功すれば金利が下がることもあります。1つのノンバンクから50万円以上借りる場合は収入証明書の提出も必要になるため、書類をすぐに用意できる準備をしておくのも大切なことです。

関連記事

不動産をお持ちの方はこちら▼

不動産担保ローンサービス

不動産収入がある方はこちら▼

収益物件担保ローンサービス

不動産をお持ちでない方へ

当社は不動産をお持ちの方を対象としご融資を行っております。但し、担保提供者がいらっしゃればご融資が可能となります。※その際は担保提供者の方には連帯保証人になって頂く前提となりますので予めご了承ください。ご不明な点やご質問、ご相談はお電話にてご連絡くださいませ。