不動産担保ローン関連コラム

つなぎ融資とは

不動産担保ローン関連用語集

つなぎ融資とは

住宅ローンでつなぎ融資をするというのはあまり聞きなれないかもしれませんが、一般の方が自分の家を建てる際にもメリットがある融資方法です。 住宅ローンは住宅が完成した際に一括で受け取ることが出来るローンを意味しますので、未完成の状態では受け取ることが出来ません。 分譲住宅や中古住宅を購入する場合であれば、支払いが発生する時期が1度になりますので住宅ローンの利用がイメージしやすいものですが、注文住宅になってくるとつなぎ融資を利用する方が多くなります。 注文住宅は住宅が完成する前の段階で支払いが発生するシチュエーションが多いので、都度の支払いに対応していかなければ住宅を建てることが出来ません。 注文住宅の場合、土地の購入、着工金、上棟の大きく分けて3回の支払いのタイミングが発生します。 もちろん保有資産が多く、住宅ローンを借りる必要がないという方はつなぎ融資も必要ないでしょう。しかし、住宅ローンとつなぎ融資を利用して夢の我が家を手に入れる方が大半です。 つなぎ融資は住宅ローンを組む金融機関と同じ金融機関で借り入れの申し込みを行います。 というのは、つなぎ融資の返済は住宅が完成後住宅ローンの受け取りが発生した段階で受け取った住宅ローンからつなぎ融資分の金額を支払うことになるためです。 つなぎ融資には利息もかかりますが、それ以外にも印紙代が発生します。借り入れる金額が大きいので印紙代も10万円ほどかかってきます。その他にも金融機関によって手数料が設定されていますので、それらの費用が上乗せされてくることを知っておきましょう。 また、つなぎ融資を利用する際には、住宅を建てる住宅メーカーや工務店とよく連絡を取り合い、いつまでにいくらの支払いが必要になるのかを確認しておかなければなりません。 支払いが遅れてしまったり、滞ってしまうと工事がストップしてしまう可能性もありますので、支払いはスムーズに行う必要があります。

関連記事

不動産をお持ちの方はこちら▼

不動産担保ローンサービス

不動産収入がある方はこちら▼

収益物件担保ローンサービス

不動産をお持ちでない方へ

当社は不動産をお持ちの方を対象としご融資を行っております。但し、担保提供者がいらっしゃればご融資が可能となります。※その際は担保提供者の方には連帯保証人になって頂く前提となりますので予めご了承ください。ご不明な点やご質問、ご相談はお電話にてご連絡くださいませ。